リングピローの作り方

リングピローの材料

リングピローは簡単に手作りできます。まずは材料から揃えましょう。
ここでご紹介するのは、クッションタイプのオーソドックスなリングピローです。

【材料】
☆サテンの布
20㎝×16センチ 2枚
色はお好みですが、オフホワイトかベイビーブルー、ベイビーピンクが人気です。

☆装飾用レース
1m~2m
クッションとの色バランスを見ましょう。オフホワイトが清楚です。

☆糸
白いミシン糸。細めがいいです。

☆綿
約100g

☆サテンリボン
幅6mm、長さ約70cm

リボンなどは100円で揃えることができます。
これに小さなぬいぐるみを付けたり、お花を飾ったりしても華やかになります。

個性を出しながらも、品のいい美しいリングピローを作りましょう。

作り方

① 型紙を作ります。(※図を参照)
② 型紙を使って2枚分の布の型を取ります。
③ 裁断していきます。縫い代は線は引かず2で引いた型の周りを 1.5cm~2cmで切っていきます。
④ レースにギャザーを寄せていきます。
レースを波縫いをして、締めます。これでレースの長さが1/3くらいになります。このレースの端と端を合わせます。
⑤ このレースを先ほどの2枚のサテンの布で挟み、マチ針でとめていきます。布あとでひっくり返すので、裏にしましょう。
⑥ さらに返してマチ針でとめ、仮縫いをしていきます。

⑦ 最後に本縫いです。ミシンでも手縫いでもどちらでも大丈夫です。
ぐるっと一周する前にひっくり返します。

綿をつめていきます。お好みですが、綿が均等になるようにしましょう。綿を詰めたら
縫い代を閉じましょう。

⑧ リング置きをくぼませます。最初に記しを付けたところに裏から玉止めで表に通していきます。左右2か所行います。
⑨ リボンをお好みの長さに切り、くぼませたところにまた針を通し、リボンの中央を縫い付け、目立たないように糸を留めます。
⑩ 2か所ともリボンを付けたら、リボン結びにします。

⑪ リングを乗せたら、リングピローの出来上がりです!

手作りキット

手作りキットは、針も糸もいらず、制作時間はわずか70分ほどで出来上がるものがほとんどです。
ここで、一般的なキット内容をご紹介します。あくまで一例ですので、気にいったものを探してみてくださいね!

定番リングピローのキット内容
☆サテン布 2枚
☆ブレード 1本(ブレードは、ピローのふちどりをするものです)
☆綿 1袋
☆ビーズ
☆リボン
☆レース

リボンはサテンリボンやオーガンジーリボンなどがあります。
ビーズ類は、パールビーズやクリアビーズなどです。

リボンの幅や、ビーズの大きさに注意して下さい。

質感によって仕上がりが異なるので、よく調べて、自分のイメージするリングピローに近いキットを買いましょう。

キットの他に自分で用意しておきたい道具です。

ボンド
はさみ
ものさし
縫い糸(細めのオフホワイトがおすすめ)
縫い針
チャコペン

<リングピローをもっと知りたい方はこちら>

リングピローキット取り扱いサイト人気ランキング

リングピローの種類
リングピローを手作りしたこと
手作りリングピロー
リングピローのカラーとデザイン
リングピローの演出シーン