両親へのあいさつ

結婚は当人たちだけの問題ではない

結婚を決めた男女は、お互いの両親へ挨拶に行くことになります。通常、女性側の家から訪れることが一般常識となっています。昔からの風潮で嫁に貰うという意味から、女性側の家への挨拶が先にした方がいいと思います。

当人たちが決心しており、成人男女なら特に親御さんの許可は要りませんが、家族や親戚となる立場から挨拶だけはしておいた方が無難です。誠意ある言葉できちんとした態度を示せば、特に問題はないと言えます。

結納を交わすというような形式的なことを行うのであれば、両親への挨拶の際、いろいろと相談することになるため、きちんとした段取りを踏むようにしなくてはなりません。結婚は昔から当人たちだけの問題ではないと言われているように、結納を交わしたり式を挙げたりするのであれば、親御さんへの相談が必須となってきます。招待客の相談なども行わなくてはならないからです。また、今流行のできちゃった結婚ということであれば、なおさら、親御さんへの挨拶が重要なシーンとなってきます。

安心してもらう

準備は色々あります。例えば、自分たちで場を設けて会食をしながら結婚のあいさつをしたり、昔からあるように正装をした上で彼女の実家へ伺い、ご両親にあいさつをしたり、その方法は人それぞれです。

結婚をするということは、一生をその人と添い遂げるということです。男側からすれば、義両親となる彼女のご両親からのプレッシャーに非常に緊張する時でもあります。しかし、緊張をしていても、どのようなスタイルでその場を設けたとしても結婚するにあたっての誠意はきちんと見せておくべきだと思います。

そうでないと、その時の印象で今後の付き合いも変わってきてしまうかもしれません。彼女の両親に「この人はこんなので大丈夫なのか」と不安を持たせてしまうと、結婚すら許してもらえない、ということもあるかもしれません。結婚のあいさつをする際に、もてなす心や正装なども大事かとは思いますが、やはり一番は相手のご両親に安心して娘を任せられると信頼してもらうことが一番大事です。