結婚して変わる名字

男性と女性の違い

逆の時も勿論ありますが、大抵結婚して苗字が変わるのは女性です。その瞬間というのは結婚したという事をしみじみ思い、沢山のものに書かれた見慣れない名前にうっとりするという時期というものがあるのです。例えば通帳の名前やパスポートの名前、免許証や保険証も全てが夫の姓になります。

中には名前との相性が悪い姓というのもあって、女性にとってその姓と名前をくっつけて呼ばれる事がいやだという例もあるそうですが、大抵の女性はその新しい名前を眺めてにやけてしまうものなのです。病院などで名前を呼ばれた時など気付かないときもあるものです。

何気なく待っていると自分の新しい苗字が呼ばれていて、変な気分で返事をする時に、ひしひしと幸せを感じるものです。しかし男性が女性の戸籍に入った場合、少し違う感じを受ける人が多いようで、事情がどうであれ男性は姓が変わるということに対してやはり負い目やプライドがあるようで、女性が喜ぶようには喜ばないものです。女性にとって幸せの象徴である姓が変わるという事も、男性にとってはあまり大きな声で言いたくないことというわけです。

慣れるまで時間がかかる

結婚して変わる名字は、慣れるまでしばらくの時間がかかると思います。同じ名字であれば、気にせず生活もできると思いますが、相手の名字が難しい漢字だとつい自分の名前を書くのを間違えて、結婚前の旧姓の名字にしてしまう人もいそうです。

漢字で書くのもそうですが、結婚した相手の名前でも呼ばれるのも不思議な気持ちがします。名字が変わると、銀行の名義の変更をしたりするのは面倒かもしれませんが、結婚をした実感が段々としてくると思います。結婚をして、生まれてから今まで使っていた名字を旦那さんの名字に変える事になりますが、それが結婚のよさだと思います。

結婚をしてから新婚生活が始まりますが、今まで名字で呼び合っていたカップルであれば、名字が変わったらちゃんと呼び方を決めておくべきです。照れるからおーいとか適当に呼ぶのではなく、ちゃんと呼び方を考えておくべきです。家では呼ぶだけでもいいかもしれませんが、外に出たときはちゃんとした呼び方を考えておかないと、待ち合わせをして相手を呼ぶときに困ります。