結婚式に手作りするその他のアイテム

リングピローの他にも、手作りで用意できるアイテムがたくさんあります。
結婚式のエピソードと共に、ご紹介していきます。

素敵にブライダルを飾る手作りグッズの専門店

ウェルカムボード

ウェルカムボードとは、披露宴において、招待客を迎えるためのボードです。

本来なら招待客を迎える際に、入り口に立って、挨拶したいところですが、それができないために、ウェルカムボードで、歓迎の意を表すアイテムです。大抵は披露宴会場の入り口や
受付の横辺りにおいてあることが多いです。

ウェルカムボードの種類としては文字や写真、そして、手作りのものなど多種多様。手の込んだものからシンプルなものまでいろいろありますが、その根底に流れているものは、歓迎の気持ちです。

最近では手作りキットなども通販やウェディング雑貨店等で良く売っていて、説明書通り作っていけば、いい感じにしかもクオリティを崩さず作ることができます。さらにオリジナリティがあって良い感じです。

一生に一回の結婚式。もちろん自分たちが楽しむのは当然ですが、きて頂いた人にも失礼がないように、そして楽しんで頂けるように、しっかりと、準備をしたいものですね!

ウェルカムベア

ウェルカムベアとは、ゲストが結婚式会場へ足を運び、一番最初に目にするウェディングな雰囲気のアイテムではないでしょうか。

カップルそれぞれの個性や思い出を表すようなアイテムだと感じます。
二人が付き合うきっかけになったテーマパークのキャラクターや、
趣味がモノづくりの二人はプロ顔負けの似顔絵や粘土で作った人形、
流行のテディベアなど本当にそれぞれ(熊でないカップルも多い)選んでいて、個性的です。
自分が結婚する前は見るだけで特になにも感じたりしませんでしたが、最近は背景を想像するようになりました。

私の結婚式では、あるブランドのベアを選びました。
ブランドロゴがあしらわれた生地で作られたベア、それぞれ新郎新婦の衣装をまとっていてかわいらしいものでした。

このベアは二人にとっては思い入れがあります。
初めてのクリスマスプレゼント、婚約指輪、結婚指輪すべてこのブランドだったのです。

いい大人が二人で真剣に熊の人形を探しまわったりするのだから、なかなか面白いものだと思います。ウェルカムベア、ウェルカムボード、リングピロー、サムシングブルーなど、ある程度定番になっていることを二人らしく楽しんでやるというのは共同作業として夢のあることです。

結婚感謝状

私たちの結婚式で、妻が読んだ感謝状の手紙は、両親だけでなく家族に宛てたものでした。
まず、父母への感謝の言葉から始まり、忙しい母の代わりによく面倒を見てくれたおばあちゃん、そして妹へ昔の思い出や感謝の言葉などを述べていました。

妻の母は看護師のため、仕事が忙しく時間が合わなければ顔を合わせないまま一日が終わってしまうということも多々あったようでした。

そんな母の代わりに、妻のおばあちゃんは食事の準備や、寒い冬に自転車で学校から帰った妻の為に冷えた体をすぐに温められるようにとお風呂を沸かしてくれていたり、小腹がすいているだろうとおにぎりをにぎっていてくれたりと、良くしてくれたそうです。
時には喧嘩もしたりしましたが、おばあちゃんは第二の母だと言っていました。
そして、妹にはいつもいつもほとんど喧嘩をしていたけれど、本当は妹のことが大好きで、心配で、生まれてきたときには嬉しくて、保育園で作っていたおもちゃを妹の分も作ってプレゼントしたことなどの思い出話もありました。
その内容に涙した人もいたそうです。