ウェディングの曲といえば

ウェディングで人気の曲

ウェディングと言えば披露宴、披露宴と言えば演出ですが、演出の一環でBGMを流します。BGMには拘りたいという人も多く、その反面ではどんな曲を選んだらいいのか分からないと悩む人もいます。しかも入場、ケーキカット、両親への手紙などシーンに応じてBGMを選ばなくてはなりません。この曲を使うと決めている人はいいですが、そうでないと選択肢が広くて迷ってしまうでしょう。

では、一般的に人気のウェディング曲というと何があるでしょう。ポイントはハッピーな曲、希望がある曲、愛の歌などですが、入場なら例えばハッピーでアップテンポな曲が好まれて使われています。ケーキカットにはロマンチックな曲や甘いラブソング、両親への手紙なら優しいメロディーで希望のある歌などで選ばれています。

ネットを探してみると、シーンに応じた人気のウェディング曲などが紹介されています。それを参考にして、ウェディングに使う曲を選んでみてください。

ウェディングの曲といえばこの2曲

ウェディングの曲といえば有名な物がたくさんあると思います。自分の結婚式の時も、色々な曲をBGMとして使いました。入場の時は木村カエラのバタフライを使いました。結婚式の曲でよく使われていると思ったのですが、入場にとても合っていると思ったのでそれにしました。

他にこだわったところはエンドロールの曲です。結婚式の最後に新郎新婦が退場してから、その日の映像を編集してもらって、会場で流すエンドロールの曲は福山雅治の家族になろうよにしました。当時私は妊娠していて、新しい家族が増えるという状況だったので、その曲の歌詞がとても合うと感じたので、この曲にしました。

このエンドロールはその日にディスクに落としていただけたので、家に帰ってからも何度も見ることが出来ます。それを見ると当日のことを思い出すことが出来るので、今でもよく見ています。また、音楽番組でもその曲を聞くと、結婚式のことを思い出すので、とても思い出深い曲となりました。

愛をこめて花束を贈るような気持ち

ウェディングの曲といえば、Superflyの愛をこめて花束をの曲が人気があります。この曲はバラードではないのですが、バラードではないアップテンポな曲も、おめでたいウェディングにはぴったりの曲です。この曲を聴くと気分が高揚し、2人でこれから明るい家庭を築いていこうとテンションが上がります。

この曲は比較的最近のものなので、どちらかというと若い世代向けの曲であり、高齢者には馴染みのない曲です。しかしこのおめでたいウェディングには、是非とも使いたい曲であることに迷いはありません。サビでの一気に音程が高くなるところは、最高潮に盛り上がり、元気が湧いてくると共に、感動で涙が出てきそうにさえなります。

この曲は余興で新郎か新婦が歌ったり、友人が自慢の声を披露するのに歌いたい曲です。ただしサビは音程がかなり高くなるので、歌に自信のある音域の広い女性が歌うのに適しています。この曲のタイトルどおり愛をこめて花束を贈るような気持ちで歌いたいものです。